ページ本文

輪島市と地域活性化等に関する包括連携協定を締結しました

 本日(6月20日)、輪島市(市長 梶 文秋)と北陸財務局(局長 岩下 啓希)は、地域の活性化等の推進に向けて幅広い分野において協働の取組を実施するため、包括連携協定を締結しましたので、下記のとおりお知らせします。
 当局としては、この度のような地方公共団体との包括連携協定締結は初めての取組であり、今後も地方公共団体との連携を強化し、地方創生に関する積極的な関与・協力を通じて地域の発展に貢献してまいります。

目的

 輪島市が有する様々な地域資源を最大限に活用し、まちづくりの推進に向けて、相互に連携することにより、地域活性化、地域連携及び地域価値の向上を図ることを目的とするものです。

包括連携協定の内容

  1. 地域活性化の推進に関する事項
  2. 公共施設の更新等に向けた官民連携に関する事項
  3. 産、官、学、金等との連携に関する事項
  4. 金融、財投及び国有財産等の施策の広報に関する事項
  5. その他、目的を達成するために必要と認められる事項

協定書の締結日

平成30年6月20日(水曜日)

本ページに関するお問い合わせ先

北陸財務局 総務課
電話 076-292-7860
 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader