ページ本文

金沢大学附属中学校で「財政教育プログラム」を実施しました

1.開催日

令和3年1月14日(木曜日)、15日(金曜日)
(講義、グループワーク及び発表をクラスごとに実施)

2.参加者

金沢大学附属中学校 3年生153名

3.内容

 特別授業は、感染症対策を講じながら、クラスごとに実施しました。

 まず、北陸財務局職員が、日本の財政の現状などについて、クイズを交えながら説明しました。 

 次に、生徒が3人から4人のグループに分かれ、財務大臣になって予算編成に取り組みました。
 生徒からは、「少子化に歯止めをかけるため、子育てがしやすい社会を目指したい」や「コロナ禍において、医療を充実させるための予算を増額する必要がある」などの声があり、それぞれのグループで目指す社会を実現するために、どのような予算としたらよいか、議論を交わしていました。 

 最後に、グループでまとめた予算編成を他のグループに紹介し合いました。

  クイズに答える様子  グループワークの様子  予算編成を紹介し合う様子
       講義の様子        グループワークの様子       予算編成を紹介し合う様子

4.感想

  • 日本の財政について考える良い機会となりました。
  • 税金を納めることは、自分たちや次の世代のために行うことであり、今自分たちにできることをしっかりやっていきたいと感じました。

本ページに関するお問い合わせ先

北陸財務局財務広報相談室 電話:076-292-7866

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader